FC2ブログ

スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Taking the stageとやらせと脚本

2009.10.27.23:22

先日MTVを何気なくつけていたら Taking the stageという題のリアリティ番組がやっていました。

舞台はニューヨークにある総合芸術学校、将来プロのダンサー、シンガー、アクターを夢見る男女の青春ドキュメンタリー(っぽいやらせ)

番組内の学生のパフォーマンスと恋愛模様が見所

多分なんだけど、80年代ダンス映画フェームの舞台になった実際の学校ではないかしら?
サラ・ジェシカ・パーカーが卒業生ってありましたね。

最近上記したフェームのリバイバル映画があったり、フットルースもリバイバルが企画されていたり
こういうダンス青春もの、またはやっているんですね。

自分も幼い頃ダンスを習っていたのと、見るのもすきなのと、何よりジャスミンがルームメイトだった
ジョジアンにそーっくりなのでかなり釘づけで見ていました。



ドキュメンタリーっぽい番組ですが、ちゃんと脚本がありますよね。
ジェシカ・シンプソンさん(アメリカの女優さん)は自分の新婚生活を番組にして人気者になったけど
離婚した後、ちゃんと脚本があってやっているからっていってましたね。
これもどーみても、脚本なしではありえない流れありました。
別れた彼氏が電話をかけてくる。その彼氏がきちんとカメラに収まっている!など


でも下手な脚本のドラマよりこういうリアリティ番組が面白いのはどうしてなんでしょうね~。


とにかく舞台が好きな人、ブラックカルチャー好きな人要注意の番組です。

ブラックの人を見ると、ニューオリンズ時代を思い出します。
アフリカンのルームメイトとよく行動を共にしていましたが、行くところ行くところ黒人の中で
私が一人がアジア人で、ジョジーからあんた目立ちすぎと言われたのを思い出します。
そしてリトル ナオミ・キャンベルなジョジーはよく黒人のお兄さんからナンパされていたものです。







スポンサーサイト
プロフィール

bebeyan

Author:bebeyan
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。