スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天才児の報告(親馬鹿)

2010.06.25.21:39

毎晩息子達に絵本を読んでいます。
日本語と英語の本を半分ずつ読むようにしています。






長男は昔から絵をじーっと見るのが好きで、間違い探しや迷路、図鑑を見るのが大好きです。
なのでお話を聞くよりも一緒にじーっと絵を見ているのに力が入っているようです。
大阪のおじいちゃんにかってもらった体の図鑑や、わりと長い文章の絵本も絵を気に入ったらじーっくり聞いています。

次男は耳で聞いて楽しんでいるようで、シンプルな文章ならよく口にしています。
最近はまったのがEric CarleさんのBrown Bear Brown Bear What Do You See?
たまに失敗もありますが、絵をみてそらで文章が言えるようになりました。

私が感心したのは、彼はa をtheと間違っていっているのですが
3歳児にしてもう冠詞が必要なのが無意識にわかっているということです。
母はいまだにこの冠詞の使い方に悪戦苦闘しているので
息子達には自然に文応を身に着けて欲しいなと願います。

Eric Carleさんは腹ペコ青虫で有名な作家ですが、私が持っている彼の本は前記した本とFrom Head To Toeです。
どちらも構成と文章がシンプルです。
英語を勉強している子供にはもってこいの作品だと思います。
Brown~シリーズは同じようなコンセプトの作品が2作品ありますが、他の2作品は日本人にちょっと難しい単語が使用してあって、構成と文章はシンプルでも次男も動画のように暗記はできないかなと思っています。
でもEricさんの絵本ははずれなしなので、シンガポールにいるあいだにできるだけ彼の作品を集めればと思っています♪
スポンサーサイト
プロフィール

bebeyan

Author:bebeyan
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。