スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本人は排他的か?

2008.05.12.15:36

ご近所ママ友のスジャータさん(この方もインド人)からちょっとした翻訳を頼まれたので、彼女のご自宅でお手伝いをしていた。
スジャータさん、インドではセミプロでイラストレーターとして活躍していて、今は本腰をいれて芸術を勉強中。浮世絵について今度、大学でプレゼンをするので、彼女のもっている日本語の浮世絵本を簡単に要約してあげていた。あと、簡単な絵の説明とか。

でも、雑談だらけで、なかなか進まず。

そんな中、彼女の言葉で印象的だったのは、ご主人と半年間日本のアパートで暮らした時のこと。日本は好きだけれども、外国人に対して排他的だと感じたとのことだった。

例えばね、道端で転んだことがあったのよ。それでも皆無視だし。レストランに入っても英語のメニューもないし、説明もしてくれないし。フレンドリーじゃないし。日本は経済大国で、自分達だけで完璧な国だから、外国人は必要ないって感じがした。

納得、安易にその状況が想像できますね。

日本人って、英語教育がなされていても、話せる人はごくわずかだし、まず外人と接する機会がないから、実際そうなった場合パニックになるのでしょう。

よく国際化なんて言葉を耳にしたり、読んだりするけれども、実際に日本人はそうなっているかって言えば、難しいところですね。

例えば、実家のすぐ近所にUSJがあり、隣接するショッピングモールに一時帰国の際行くのだけれども、英語表記が少なすぎて驚きます。お店にはいると、メニューも日本語だけで、マネージメント自体、外国人観光客のことを考えられないみたいですね。USJにはたくさん外国人客がいるのに、そういう状況をみたら、外国人を避けているみたいな感じられても仕方ないですね。

そのくせ、幼児雑誌なんかみると、英語教材の広告よく見かけます。
勉強云々よりも、日本人のシャイな精神、社交的でないところが問題だとも思いますが。

でも、うちの実母は違います(笑)

私が大学生3年生の夏でした。帰宅すると、リビングに見知らぬイギリス人男性がいたのです。

驚く私に、母は隣のKさん宅でホームステイしているN君と紹介。ベベヤンが英語の勉強しているんだから、話しかけてみろと・・・・。

実際、話してみるとN君は日本語(というか、関西弁)がぺらぺらで、あまり英語ではお話しませんでしたけどね。ワイドショー大好きな母は、イギリスではダイアナさんって人気なん?カミーラはやっぱり嫌われているのとか?とても初対面とは思えない態度で質問をしていました。

彼が実家に来たのも、母がN君が歩いているのを見かけ、ちょっとお兄ちゃん、うちの娘とお話してくれへん?とナンパしたらしいです(恥)

かなり恥ずかしい事をしてくれた母ですが、私は産まれて初めて外国人のお友達ができたのでした。その後、N君は日本に就職し、Kさん宅でしばらく居候して、うちの実家にも遊びにきたりして、交流は続いたのでした。

まあ、母のことはさておき、日本人もこれくらい図々しい精神というか、社交的というか、外国人に対してフレンドリーになったら、もっと印象が変わるかもしれませんね。

ちなみに、シンガポール人は外国人に対しても、とても優しいです。
つたない英語でも、必死に解ろうとしてくれますよ。
スポンサーサイト

comment

Secret

2008.05.12.23:27

外国に行って排他的社会を打ち破るのは人一倍大変なことですね。。。

未来の日本を予測するに、外国人は困らなくなりますたとえ日本語がしゃべれなくても日本では。

ユビキタス社会と言って、ハイテクを駆使して
英語の情報を道端でもどこにいてもえることが出来るようになるんではないかと思っています。
英語がしゃべれない日本人を期待するよりも
ネットでイエローページとかにつながればなんでも解決できるようになるのではないでしょうか。観光地も看板がなくてもいつでも有益な情報を観光客の人がそれぞれの母国語で入手可能になっているような気がしてます。
レストランも英語であらかじめ情報を組み込んで外人さんが来ても困らない状況が?
日本はユビキタス社会に!
ますます日本人は国際化遠ざかる?
情報化社会が観光客を救うのでしょうかね?
変な日本社会をイメージしてしまうのでした。

2008.05.13.22:27

ふーん、ユビキタスですか、初めて知りました。
nolaさん、何気に物知りですね。
でも、実際そうなるかもですね。

私も英会話はできるけど、議論とか、きれいな英語とは程遠いレベルです。
自分の子供には英語はやはり出来て欲しいなーなんて思いますよ。
あと、どんな人種に対しても優しくもあり、堂々とできるようにもね。
プロフィール

bebeyan

Author:bebeyan
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。